×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いくらの巻 >  鮭のクリームソースパスタ 

鮭のクリームソースパスタ

 鮭を使った洋食系家庭料理では、定番中の定番と言えるかも知れません。
 鮭は、いったんムニエルにすることによって、美味しさがグンとアップします。
 パスタは、クリームソースが良く絡む平たいフェットチーネがベストですが、普通のスパゲティでも大丈夫です。(フェットチーネは、茹で方が難しいです…。大きめの鍋を使っても、茹でムラが出やすく、しっかりかき回していないと、すぐに麺同士がくっつきます。)

 
鮭のクリームソーススパゲティの写真

材料 3人分

   フェットチーネ 300g、生鮭の切り身 1切、玉ねぎ 1/4個、しめじ 1/2袋、ニンニク 1片、
   生クリーム 200cc、牛乳200cc、塩、コショウ、酒、小麦粉、バター、オリーブオイル

作り方

下ごしらえ

鮭の切り身は、やや多めに塩・コショウをしたのち、まんべんなく小麦粉をまぶします。

玉ねぎとニンニクはみじん切りにします。

しめじは、石づきをとって、手で縦に半分に裂きます。こうすると、味が絡みやすくなりますし、食感も良くなります。

 
鮭のクリームソーススパゲティの材料の写真

鮭を焼く

フライパンにバターをひいて、薄く焼き色が付くまで両面を焼きます。

つまり、ここまでの鮭の下ごしらえは、ムニエルを作るのと全く同じ手順です。

焼き上がった鮭をフライパンから取り出し、麺に絡みやすい大きさにほぐします。この時、骨は丁寧に取り除きます。鮭の皮は、コラーゲンが豊富らしいので、我が家ではそのまま小さく切って、具にしています。

鮭の切り身をムニエルにしている写真

ソースを作る

先ほどのフライパンにオリーブオイルを加え、ニンニクを炒めます。香りが立ってきたら、玉ねぎを加え、透明になるまで炒めます。

次にしめじを入れ、油が全体に回ったら、生クリーム200cc、牛乳200cc、白ワインか日本酒を少々注ぎ、ソースが半分程度になるまで煮詰めます。

塩とオリーブオイルを加えた熱湯で、麺を茹で始めます。

ソースが半分程度になったら、塩・コショウで味を調え、茹で上がった麺をフライパンに入れて、混ぜ合わせます。

クリームソースを煮詰めている写真

▲このページの先頭へ


いくらの巻 > 鮭のクリームソースパスタ
留萌生活:Copyright(c) GONTA. All Rights Reserved.